クワガタムシの卵は、だ円形で、大きさは、直径2〜3mmくらいです。カブトムシが、卵から成虫になり、死ぬまで1年なのに対し、クワガタムシは、3〜4年くらいは生きられるようです。
クワガタムシが自然界でどのくらい生きているのかは、はっきり分かっていないそうですが、卵→幼虫で約1年〜2年、→さなぎ→羽化までで約6ヶ月、成虫になってからは、2ヶ月〜2年以上生きているものとかんがえられていますが、この期間(きかん)はクワガタムシの種類(しゅるい)によってまちまちです。

クワガタムシの体/目・耳・鼻・口
クワガタの一日の生活
クワガタムシの飼い方
水槽(すいそう) | エサ | 幼虫の飼い方

クワガタムシ飼育/クワガタムシの種類と飼い方トップページ

幼虫の探し方 | 成虫の探し方
クワガタの探し方
クワガタの一生
たまご | 幼虫 | さなぎ | 羽化 | 成虫
昼の行動| 夜の行動

クワガタムシ飼育/クワガタムシの種類と飼い方

クワガタムシの卵